胡蝶蘭を贈るタイミングと色やサイズ

お祝い事がある時に胡蝶蘭を贈ることで、相手にたいへん喜んでもらえます。店舗やパーティ会場を華やかに演出する胡蝶蘭はお祝いの花として人気が高いのです。しかし胡蝶蘭を贈るタイミングと色やサイズに関するマナーを守らなければ相手に迷惑をかけてしまうケースもありますので、正しい知識を身につけて取り扱うことが大切です。 まず胡蝶蘭を贈るタイミングですが店舗の新規オープンのお祝いであれば、開店前に贈るのがマナーです。できれば前日もしくは当日の午前中などに時間指定をして配送業者に配送してもらうと、店舗のスタッフが余裕を持って胡蝶蘭を飾ることができます。他のお祝いの花や飾りなどのバランスもありますので、早めに配送してもらった方が良いのです。会社において社長や会長職へ就任する際のお祝いであれば、就任当日に贈らなければなりません。前日に贈ると前任者に対して失礼なので気をつけます。友人や知人の引越し祝いとして贈るのであれば、引っ越しが済んで数日経過してからでないと室内が荷物であふれかえっていますので、片付き始めた頃を見計らって贈ると良いです。 胡蝶蘭の色については一般的に白が用いられることが多いですが、本人の好きな色に合わせて贈ります。他の方から届く花束がカラフルなので白の胡蝶蘭がかえって目立ち好印象を持たれます。サイズについては個人宛てであれば鉢植えの管理がしやすいコンパクトなものが好まれますが、会社やお店宛てに贈るのであれば大輪の胡蝶蘭が望ましいです。